収益不動産を売るなら【楽待】で無料一括査定!

自分が暮らすか、貸すかじゃ査定価格が違うんですよね!





一般的な不動産と収益不動産の違いはどこにあるのか?それは、一般ユーザーが購入した不動産に暮らして生活するか、購入した不動産を人に貸して収入を得るのか?というところにある。

一言で言えば簡単だが、実際に購入する人には違いがある。それは、購入する人が収益不動産の場合は自分がそこに暮らす訳ではないので金利の安い住宅ローンで購入することが出来ないと言う事。収益を目的としているので投資家としては安く購入して高く貸す事で収益が安定してくるものなんです。

だから、普通の不動産の査定方法と賃貸人が住んでいる状態のままで、家の中が見れないようなオーナーチェンジという状態の不動産では、不動産の価値や評価や査定方法も違うものです。

日本の場合、一般的な不動産の査定方法は売れた成約事例を比較して価格を決める方法で査定価格を出す方法なのに対し、収益不動産の場合は、収益還元法という、投資した金額に対してどれぐらい回収できるのかで不動産の査定価格が決まる方法が一般的なんです。

マンションの需要が高い場所なのか?一戸建で駐車場付きでなければ貸せないものなのか?エリアの需要と供給のマーケテイング力も必要となってくるんですよね。

だからこそ、収益不動産は楽待のように投資家が注目して集まるような専門的な一括査定がお勧めなんです。


 

サイトマップ

カーシェア「カレコ」とレンタカーとの違いとは?